【2024年6月】住民税非課税じゃなくても貰える新給付金|調整給付|誰がいくら貰える?

一言でまとめると

2024年に始まる調整給付金は住民税非課税者でも受け取れる。計算方法をチェックして、申請が必要。

要約

2024年の新給付金で住民税非課税者も受け取れる。支給金額は人によって異なり、所得税と住民税の減税額から計算される。申請方法は自治体により異なる。

サマリー

– 2024年から始まる調整給付金は住民税非課税者も受け取れる。
– 支給金額は人によって異なり、所得税と住民税の減税額から計算される。
– 調整給付の申請方法は自治体によって異なり、対象者は自治体から案内が届く。

この動画の感想

給付金の申請方法や金額計算方法など、非常に具体的でわかりやすく説明されている点が良かったです。特に、「調整給付」という新しい支給金のシステムについての詳細な説明が分かりやすくて勉強になりました。「所得税の推定額として令和5年の所得税額を使う」というややこしい部分も、具体的な計算方法とともに説明があり、理解できました。今後、自治体から案内があれば申請してみたいと思います。

この概要欄はこちら

住民税非課税じゃない人たちが貰える給付金、「調整給付」について、貰える条件や金額、貰い方をわかりやすく解説します。

#お金のSOSチャンネル#給付金最新情報#定額減税

コメント

タイトルとURLをコピーしました